真珠の知識・・・【養殖屋の本真珠】山本真珠

【あこや真珠】
日本・中国・東南アジア海域で生産される真珠です。
真珠の中では、一番美しい色を放ちます。
生産されるサイズは4ミリ〜12ミリ程度まであります。
ごく稀に、14ミリ以上のサイズもできることがありますが、高値で取引され、市場に出回ることはほとんどありません。

【南洋真珠】
亜熱帯地域(インドネシア・オーストラリアの赤道近く)の海域で生産される真珠です。
サイズはあこや真珠より大きく、12ミリ〜20ミリ程度まであり、白蝶貝は白色系、黒蝶貝は黒色系の真珠ができます。バロック真珠も南洋真珠で作られます。

【淡水真珠】
湖水に生息する貝で作られた真珠です。
日本では、琵琶湖や霞ヶ浦など湖で生産されます。
淡水真珠は、中国でも生産が多く、価格もリーズナブルです。
アクセサリー類に多く使われます。

【真珠の巻き】
真珠は、貝が出す真珠層を核に何重にも巻きつけられて作られます。
真珠層が厚く巻いている程、美しい光(テリ)を放ちます。

【真珠の色】
真珠の色は、北向きの窓から差し込む光線を基準に色分けされます。
直射日光や蛍光灯の光、ショーウインドウの光では、若干色合いが違って見えます。
どの色が高級かという位置付けはありませんが、内側からピンクやブルーの光を放つ真珠は、よく巻いているといわれています。

【真珠のサイズ(size)】
珠のサイズは最小直径を表示します。
ネックレスの場合は、個々のサイズが異なります。
サイズが違う場合は、最小直径と最大直径を同時に表示します。

【真珠の形(sharp)】
真円(round)、半円(semi-round)、バロック(baroque)など色々あります。
真円の真珠は、全体の2割程度しか生産できません。
そこから、一定の巻きで厳選された花珠を選別します。
すなわち、花珠とは全体の5%程度しか生産されない貴重な真珠です。

【真珠のキズ】
無キズ、エクボ、ハチ巻き、小キズ、など色々な表現があります。
真珠のキズは、核が真珠貝内部で動いたため作られます。キズ部分にも真珠層が何層も巻いています。



〒517-0702
三重県志摩市志摩町布施田958-2
【養殖屋の本真珠】山本真珠
TEL 0599-85-1191  メールはこちら