正しい真珠のお手入れ

お手入れ方法
真珠の主成分はカルシュウム、酸に弱いのが特徴です。みかん・食酢・ドレッシング・果汁ジュース・レモン汁などを使用する場合は、あらかじめリング等を外しておくべきでしょう。光沢を鈍らせる原因にもなります。また使用後は、汗なども柔らかい布(真珠クロス)等で拭き落とすように心がけると、いつまでも美しさを保てます。
真珠に酸をつけてしまったときの処置
水に濡らしたガーゼをきつく絞り、真珠をまんべんなく拭いてから乾いたガーゼで水を完全に拭き取って最後に乾いたネルかベルベット・セーム皮・真珠クロス(パールの友)等で素早く乾拭きをする。
アクセサリーはお化粧の後で
香水やオーデコロンはシミの原因になります。ヘヤースプレイ等もホコリを付着させてしまいます。お化粧の後香水などが乾ききってからネックレスやイヤリングを付けるようにしたいものです。
ネックレスの糸換え肝心
今日ではネックレスの糸もかなり丈夫になってきてはいますが、汗や衝撃や擦れなどで糸が朽ち、弱くなっていきます。糸が汚れたりネックレッスの端っこを持って真直ぐにぶら下げてみて珠一個分以上緩んできたら、美観を損なうばかりではなく糸切れの前兆と考え糸換える時期ですので、もしそのような状態になりましたら責任を持って無料にて糸換を致しますのでご用命下さい。
真珠の弱点 
酸・塩素系洗剤・マニキュア除光液・紫外線・強い衝撃・温泉・汗・脂肪・900℃以上の熱
あなたの為に作り出された貴重な真珠をいつまでも大切してください。